読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非効率的安定と効率的不安定

レポートやんないとなんだけどちょっと書きたいことがあって

誰しも自分の方法というものを持ってるじゃないですか。それはどんなものごとの方法でも構わないんですが。

もし、誰かに自分の方法を伝えた時に、そのやり方を改善したやり方を伝えた人が実行していた時あなたはどう思うでしょうか。

なんでこんなこと書いてんのかっていうと、最近聞いた話で、「作業するために伝えられた方法がありえないくらい効率というかやり方に難があるもので、どうにもやりにくいからやりやすいように自分たちで変えてやってたらめっちゃ怒られた」というものがあったんですよ。

正直文章書くの下手すぎてちゃんと伝わってるかどうかわかんないんですけど、効率悪い方法でやる意味ないし、やりやすい方法でやろうぜってやってたら怒られたらしいという話なのです。

おかしくない?と思うかもしれないんですけど、正直怒る理由がわからなくもない。

冒頭で自分の方法がどうたらって書いたじゃないですか。この「自分の方法」って部分が重要で、「自分が今までやってて特別不具合もなかったんだからこの方法でやってくれ。変に他の方法でやっておかしなことになったらどうするんだよ!」っていう意見なんですね。

うん。正直めっちゃわかる。今までやってた方法で安定してたんだから変に他の方法を試す必要なんてなくない?っていう意見はめっちゃわかる。自分がその立場だったらどう言うのかって言われると「効率いい方でやってくれ」って言うかもしれないけど。でも重要で失敗が許されないことをやってる時だったら「(絶対的信頼を寄せている)安定してたやり方でやれ」っていうと思うんですよ。

これ読んでる人は失敗したくない事柄を行う時、「非効率的な安定した方法」と「効率的な不安定な方法」どっちを取りますか?

場面によるっていうのが多いと思うけど。